3種混合ワクチン

 

slide_02.jpg slide_01.jpg slide_03.jpg
 

 

3種混合ワクチン5回目追加接種

現在、小学生を中心に百日咳が多くなっています。
 
百日咳の予防接種は、4種混合ワクチンに含まれており、0才で3回、1才で追加接種となっております。
学童期での発症により、周囲のワクチンを接種する前の0才児の発症も多く認められています。
赤ちゃんが百日咳を発症すると未だに亡くなってしまう事があります。
 
そのため、日本小児科学会でも就学前(小学校入学前、幼稚園の年長の年齢)に百日咳を含んだ3種混合ワクチンの5回目追加接種を推奨しています。
 


 
また、現在11才から12才で2種混合ワクチンを定期接種で接種しておりますが、この2種混合ワクチンはジフテリアと破傷風のワクチンであり、百日咳が含まれていません。
そのため、日本小児科学会では、就学前の追加接種と同様に、11才から12才での2種混合ワクチンを3種混合ワクチンで接種することを推奨しています。
*現在は3種混合ワクチン5回目追加接種は定期接種ではなく、自費での接種(任意接種)となります。