細菌性髄膜炎:ヒブワクチン

 
細菌性髄膜炎って知っていますか?
 
髄膜炎という病気はほとんどがウイルス性(夏風邪やおたふくが原因)ですが、一部が細菌感染症が原因による細菌性髄膜炎なんです。
 
一般的なウイルス性髄膜炎は自然経過で治癒し、後遺症もあまり残さないのですが(ヘルペスウイルスなどの一部は除いて)、細菌性髄膜炎は治療をしなければ多くは亡くなってしまうか、重度の後遺症を残してしまいます。
 
日本では毎年600人の5歳未満の子どもがHib菌( ヘモフィルスインフルエンザ菌b型《インフルエンザウイルスではありません》)による細菌性髄膜炎になっています。 
 
そのうち30名(5%)が死亡し、150名(25%)に脳障害の後遺症が残る非常に予後の悪い感染症です。 Hib菌による細菌性髄膜炎は劇症型で進行も早く、1、2日であっという間に進行してしまいます。
 
欧米では20年前からHib菌に対する予防接種を行い、Hib菌による細菌性髄膜炎は過去の病気になっています。 WHO(世界保健機構)では「国の定期接種に入れるべき最重要ワクチンの一つ」として勧告しています。
日本も欧米から遅れる事20年、平成20年12月19日からHibワクチン(アクトヒブ)が始まりました。
平成25年4月から日本でも定期接種として受けられるようになっています。
 
私は、Hibによる細菌性髄膜炎で亡くなってしまった子供達をみてきています。 
熱が出始めてから1、2日目に病院を受診しても早期診断がほとんど困難な病気であり、普通の風邪とあまり変わりはありません。
 
細菌性髄膜炎は発熱初期から抗生剤を内服しても予防できません
 
抗生剤を内服していると細菌性髄膜炎の発見が1-2日遅くなると言われています
 
多くの方は髄膜炎や肺炎は風邪がこじれてかかる病気というイメージがあるかもしれませんが、多くの髄膜炎や肺炎はこじれてなるわけではありません
 
高熱が続くからなるわけでもなく、菌やウイルスがどこで悪さをするかの問題なんです
 
痙攣、嘔吐、意識障害 項部硬直(首が固くなります)などの髄膜炎症状が認められて初めて診断がつくことも多いのです。 早いと熱が出始めて3、4日で亡くなってしまう場合もあります。
 
 
ただ、髄膜炎(特に乳幼児の細菌性髄膜炎)を診断する中で一番重要なのはいつもの風邪と全身状態が全く違うことなんです
ほとんどの細菌性髄膜炎の子はぐったりとして、顔色がとてもとても悪いんです
 
お父さん、お母さんには「いつもの風邪の時と違う」や「ぐったりとしている」を医師に伝えてほしいんです
 
夜中に急に40度の発熱があればびっくりしてしまいます。
 
しかし、熱が高いから髄膜炎や肺炎になるわけではないので、全身状態をみて救急外来の受診を決められるといいと思います。
 
そんな時に役立つのが私のサイト内の「Link」で紹介している「こどもの救急」です
 
日本小児科学会が開設しており、自分のお子さんの症状をクリックすることで救急外来を受診した方が良いのか、朝まで待った方が良いのか判断することができます
 
是非活用してみてください
 
そして、ヒブの髄膜炎は予防接種をすることで防げる病気です。
子供達の命を守るために、是非、接種について考えてみてください。
 
 

ページの先頭へ