海外渡航(観光目的を除く)のための新型コロナウイルス感染症のPCR陰性確認検査と証明書発行

 

slide_02.jpg slide_01.jpg slide_03.jpg
 
 

*現在、東京から北海道に行くため陰性を確認したい等、個人での陰性確認希望の電話が非常に多く、通常業務に支障が出ております。 当院での検査は、国レベルでの陰性確認要請に対応する物です(・・・国に渡航するために出国72時間以内の陰性確認が必要、国の機関で陰性確認を要請されている、船舶の乗船に際し陰性確認が義務づけられている等) 個人の都合での陰性確認希望は当院では対応できませんので御了承ください。
 
 
新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、現在複数の国が、入国者に対して渡航前の遺伝子検査(PCR検査)の実施と、それに関する結果証明書の提出を求めています。 今回、日本政府、厚生労働省より日本渡航医学会に協力要請があり、学会に所属するトラベルクリニックである当院にて渡航前のPCR陰性確認検査を行う事となりました。

対象となる方は、ビジネス渡航、海外在住者で戻られる方、海外留学に限ります。 観光目的での海外渡航に関しては対応できませんので御了承ください。
 
 当院でのPCR検査は、これから海外へ渡航する方の陰性確認検査となるため、帰国者、接触者等のPCR検査ではありません。
 発熱、咳などの風邪症状があり、新型コロナウイルス感染が疑われる方は指定された病院の発熱外来での検査となります。
 当院では対応できませんので御了承ください。
 
**2週間以内に風邪症状がある方は検査対象外となり、あくまでも陰性確認のための検査となります。 帰国者や、濃厚接触者、感染が疑われるかたの検査ではないため、予防接種等で受診されている方への感染リスクが高まるものではありません**
 
 
【受付条件】
 
1)観光以外の目的の海外渡航であること
 
2)ビジネス目的の場合は所属会社、団体からの依頼状が必要
 
3)有効期間内のパスポートがある
 
4)渡航国に応じた記載内容、所定書類の有無を予め外務省、大使館のホームページなどで確認し、所定書類がある場合は提出してもらいます
 
5)完全予約制となり、検査会社への依頼が必要となるため、 遅くとも検査希望日の2日前までに電話にてご予約をお願いします。結果、英文証明書の発行は検査2日後となります。(2日後が日曜、祝日となる場合は、休み明けとなります。出国72時間以内の検査が必要な場合は、電話にて相談となります。)
ご予約に関しては、通常の診察の予約状況によっては御希望に添えない場合もありますので御了承ください。
 
6)検査の2週間以内に、発熱、咳などの風邪症状が無く、体調が良好であること
 
7)検査結果が陽性になった場合、感染者として保健所の指示に従ってもらいます。
 
 8)現在、外部検査機関でのPCR検査は非常に高額の検査となります。 陰性確認の検査は保険適応とはならないため、自費での検査となります。(クレジットカードの取扱はありません。)  今後の検査料改定等があった場合は金額の変更があり得ますが、現在は診察+英文の証明書発行+PCR検査で37000円(税込み40700円)となります。
 
 
【検査当日】
 
1)パスポートによる本人確認を行います。
 
2)ビジネス渡航の場合は所属会社、団体からの依頼状を提出してください。
  (雛形をダウンロードできます。同じような記載内容があれば形式は問いません。)
 
3)同意書を提出してください。
4)問診、検温、診察を行い、問題が無い場合は検査実施となります。
 
5)検査は、現時点では鼻咽頭のぬぐい液となります。 唾液での検査は陰性確認には適応はありません。 
 
6)英文証明書の発行は2日後となります。(2日後が日曜、祝日となる場合は、休み明けとなります。)