B型肝炎ワクチン

 

slide_02.jpg slide_01.jpg slide_03.jpg
 

 

B型肝炎ワクチン

  
平成28年10月1日より世界から数十年遅れてやっと日本でもB型肝炎ワクチンが定期接種となりました!
*定期接種対象者は平成28年4月1日以降に生まれた方のみとなります。 それ以前に生まれた方は自費のままですが、できるだけ早期に接種することを推奨しております。(感染する機会は成人になってからが多くなりますが、成人になってから接種すると10人に1人は何回ワクチンを接種しても免疫ができない方がでてしまいます。 そのため、世界中で赤ちゃんの時に接種をしています。)
 
接種方法:
通常は生後2ヶ月から接種を開始
1回目接種後4週間で2回目を接種
1回目接種後20週から24週の間で3回目を接種となります。
定期接種となるのは生後0ヶ月から1歳未満となります。
1歳を過ぎてしまうと定期接種外となりますので、ご注意ください。
 
定期接種外の方も接種間隔は一緒です
接種料金:1回5400円
 
母子感染予防は定期接種外ですが、保険適応となります(母親がB型肝炎に感染している場合に生まれてきた赤ちゃんへの予防です)
 
B型肝炎ウイルスの感染経路:
血液からの感染がよく知られていますが、血液以外の唾液などでも感染することがあり、思春期以降は性交感染が多くなってきます。 特に小児の感染例では感染経路が不明なケースが多く、集団生活での感染も報告されています。
アメリカ等のB型肝炎ウイルスは従来の日本のウイルスと遺伝子が異なり、感染者の10%が持続感染→慢性肝炎→肝硬変→肝臓癌と経過します。 現在は都心部を中心に海外のB型肝炎ウイルスが多くなっており、持続感染となることが多くなって来ています。
特に、1歳未満は感染者の90%以上が持続感染、1歳~5歳で25~50%が持続感染、5歳以降は1%未満となっておりましたが、都心部を中心に増加している欧米型の遺伝子では5歳以降でも10%が持続感染となります。
B型肝炎ワクチンは最終的には肝臓癌を予防するワクチンとなります。
 
この世界地図で濃い緑色はB型肝炎感染者が多い国です。
また、緑色(日本も)は中等度の流行国です。
そして、黄緑色はB型肝炎感染者が少ない国です。
 

 
次は、B型肝炎ワクチン接種国です。
 

 
青、水色がB型肝炎ワクチンを乳児期に国民全員に接種している国です。(世界の92%)
 
灰色が全員には接種していない国です。
日本は灰色です。
アジアで接種していないのは・・・日本だけでした。
 
イギリス、北欧は全員に接種していませんが、接種する方向であったり、上の地図を見てもB型肝炎感染者数自体が少ない国です。
 
B型肝炎ワクチンは未成年ほど接種効果が期待できます。
できるだけ小さいうちにワクチンを接種してください。